離婚を請求された方へ

離婚をいきなり切り出されたら・・・

いきなり離婚を切り出されたとき、突然のことで何も考えられなくなってしまうかもしれません。
薄々夫婦の関係がうまくいっていないことは感じていても、まさか相手が離婚まで考えているとはと驚くこともあるでしょう。
離婚を切り出されたらどのようにすれば良いかについて説明します。

離婚に応じるのかどうか?

まず、最初に考えることは、離婚に応じるのかどうかです。
離婚に応じるのかどうかにあたって、検討しなければならないのは次の3つです。

1 法律上の離婚原因があるのかどうか

法律上の離婚原因がなければ、相手がいくら離婚したいといってもこちらが拒めば必ずしも離婚する必要はありません。強く離婚を拒むことができます。

法律上の離婚原因で主なものは、こちらの浮気・こちらのDV・長期の別居(3年程度)です。

これらの離婚原因があるのであれば、離婚を拒んだところで、裁判で離婚が成立してしまいますので、離婚を拒むことが自分にとっていいのかを考える必要があります。

2 離婚の条件はどうなるのか

離婚に応じるかどうかを考えるときは、離婚のことだけを考えて決めてはいけません。

慰謝料がもらえるなら離婚する、財産分与がもらえるなら離婚する、養育費を払ってくれるなら離婚する、親権をとれるなら離婚するなどの条件付であれば離婚した方が良いのではないかという所まで考えるようにしましょう。

3 離婚後の生活が成り立つか

現在既に別居して自立した生活を送っているというのでない限り、生活費用は夫婦双方の収入から支出しているはずです。別居していても婚姻費用をもらっていることも多いはずです。

このような状況で離婚した場合、養育費は別としても、少なくとも自分の生活費については相手に依存しないで自立した生活を送る必要があります。
もし自分の現在の収入がなかったり、足りなかったりする場合は、就職活動をしたり、転職をすることも考えなければなりません。

また、住まいについても、現在同居していたり、住宅ローン付の自宅で別居していたりする場合には、離婚した場合自宅をでていかないといけないこともあります。離婚後の住まいをどうするのかについても考えておく必要があります。

このように離婚後の生活費や住まいのことを考え、離婚後の生活が成り立つのであれば、前向きに離婚のことを考えられるかもしれません。

離婚に応じないとどうなるのか

それでは、離婚に応じないと決めた場合はどうなるのでしょうか。
相手がどうしても離婚したいと考えている場合は、まず別居は免れないと思います。
離婚を拒否したら相手が別居してしまったら、婚姻費用を請求するようにしましょう。

次に、離婚調停を申し立てられるかもしれません。ここでも離婚に応じなければ、離婚が認められる別居期間が貯まった時期に離婚裁判をおこされるかもしれません。
そうすると、離婚を拒否していても復縁できない限り、相手とは別々に生活し、最終的には裁判で強制的に離婚が認められてしまいます。

何が一番大切なのか

離婚をいきなり切り出されたときに、相手への不満からすんなり離婚には応じたくないと思うことも多いでしょう。

離婚に応じないこと自体は悪いことではありません。ただ、重要なのは、自分が一番幸せになれる方法、笑顔を取り戻せる方法を考えることです。

離婚をするにしてもしないにしても、相手への恨みからではなく、自分の幸せのために、決断するようにしましょう。

離婚を切り出されたら直ぐに弁護士に相談を!

離婚を切り出されたときは、困惑、動揺、怒り、不安、不満などの様々な感情が高まって、冷静に考えることができず、間違った決断をしてしまうおそれもあります。

これまで見てきたように、離婚を切り出されたときに考えなければいけないことはたくさんあります。これを、冷静に考えることができない時期に自分1人で考えることは困難です。

離婚を切り出されたら弁護士にご相談いただければ、あなたの決断をサポートするだけでなく、離婚問題と法律の専門的知識・経験により、少しでもあなたが有利になるような解決方法をアドバイスすることができます。
離婚の法律アドバイスができるのは弁護士だけです。

離婚を切り出されたら、ぜひ離婚問題に詳しい弁護士にご相談ください。

お金の問題(財産分与等)

子供の問題(親権等)

不倫・浮気の慰謝料問題

弁護士相談申込み

047-436-8575

相談受付時間:平日9:00~20:00・土曜10:00~18:00

メール24時間受付中

※平日20時以降・土曜時以降・土曜18時以降・日曜祝日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。ご連絡いただければ原則翌日の午前中(土日の場合月曜午前中)にご返信いたします。

面談は完全予約制です。時間外相談。当日相談。土日祝日相談。

弁護士相談申込み

047-436-8575

相談受付時間:平日9:00~20:00・土曜10:00~18:00

メール24時間受付中

時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)

面談は完全予約制です。時間外相談。当日相談。土日祝日相談。

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。
アクセス
千葉県船橋市本町2-6-13
船橋クレールビル301
船橋駅南口徒歩8分、京成船橋駅徒歩7分
主なお客様対応エリア
上記エリアの方からのご相談が多いですが、その他のエリアのお客様もお気軽にご相談ください。
当事務所までの交通アクセス
ページトップへ